7月7日、皇国史観研究会定例勉強会
f0018981_115675.jpg


 皇国史観研究会の定例勉強会が7月7日に国士舘大学世田谷校舎で行われた。今回は先日の北朝鮮によるミサイル発射を受けて、急遽この事に対して会員相互で白熱した議論が行われた。皆で話し合った所、会員の中でミサイル発射を一番最初に知ったのは三時半にテレビで見たという夜更かし会員だけだった。

 他の多くの会員は七時から十時であった。もっとも遅いのは夕方に知ったという者だった。もし、ノドンに核弾頭が搭載されて、東京に直撃していたならば、ほとんどの会員は寝たまま灰になっていたのだ。今回のミサイル発射に関しては多くの会員は北朝鮮は絶対に撃つと考えていた言うが、皆一様に驚き、北朝鮮・金正日の横暴に対して怒りの声が相次いだ。

 また、ミサイルが発射された5日水曜日に、大学で友人がミサイル発射の話題に言及したという者はわずかに二人しかおらず、授業で言及した教授は国士舘大学でもわずかに二人にすぎなかったという。このことから、日本人の危機感の低さが露見したような気がした。北朝鮮に限らず、強大で大規模な核ミサイルサイロを保有する中共と、いまだに莫大な数の核兵器を所有するロシアへの脅威も語られた。

 考えてもみれば、日本は仏教伝来により蘇我氏と物部氏との争いが起こり、それにより権力を掌握した蘇我氏を打倒した大化の改新が起きた。幕末の黒船伝来により、日本は幕府の権威が失墜して佐幕派と尊攘派との争いが強まり、明治維新が起きて徳川幕府が倒れて明治政府が起きた。日本変革の火種は、海の向こうからやってきたのだ。

 この一連のミサイル発射が日本に何をもたらすのか。日本から遠く離れた海に落ちただけでは、国民の意思が目覚めないとするならば、日本本土に命中した時に、ようやく国民は決起し時代を変革していくのだろうか。しかし、それでは遅すぎる。ミサイルが東京で爆発する前に決起しなければならない。

 最後に、参加者一同で、金正日への怒りのシュプレヒコールを上げて、今回の勉強会はお開きとなった。


応援のクリック!!!
[PR]
by shikisima594 | 2006-07-08 01:59 | 活動報告
<< 同じ日本人同士が… 北朝鮮への抗議が脅迫!? >>