日経の闇を突く! 第二弾 中共なみのプロパガンダ
f0018981_22124869.jpg

 私は或る時に、A級が
 合祀され その上松岡、白取
 までもが、
  筑波は慎重に対処して
 くれたと聞いたが
 松平の子の今の宮司はどう考
 えたのか 易々と
  松平は平和に強い考が
 あったと思うのに親の心子知
 らずと思っている
   だから私あれ以来参拝
 していない。それが私の心だ
 ・関連質問 関係者もおり批判になるの意



 まず、これが日本経済新聞が20日にスクープした時に使用した富田朝彦長官のメモ帳にある当該ページの写真だ。手帳にしては寸法がおかしい事に気付く。こんな正方形に近い形をした手帳ではなかったはずだ。では、これ以外の部分はどこに消えたのか。

 実はちゃんと存在している。それがこちらの写真だ。

f0018981_22133896.jpg


 少し見づらいので、パソコンの画像作成ソフトで再現したのがこちらだ。

f0018981_101161.jpg


 何と日経が報道しなかった部分には文章が存在していたのだ。つまり日経は写真の一部を切った上で、文章中の「私」を「昭和天皇」と決めつけていたのだ。こんな報道では南京大虐殺偽写真と一緒ではないか。日経の杉田社長が今年の4月に訪中した時に中共から偽造写真のつくりかたでも伝授されて来たのか。

 日経が報じなかった部分はご覧のように、中曽根元総理の名前と、奥野と藤尾という名前が挙げられている。奥野は自民党の保守派議員として知られた奥野誠亮と見られる。奥野はこのメモが取られた昭和63年に「あの当時日本に侵略の意図は無かった」と発言した事がきっかけで国土庁長官を辞任に追い込まれている。

 藤尾は同じく自民党保守派で昭和61年に「韓国併合は合意の上に形成されたもので、日本だけでなく韓国にも責任がある」と発言して文部大臣を罷免させられた藤尾正行である。富田メモのこの部分は二人の思想的差異に言及したものだが、「藤尾(文相)の発言」との記載があるから、メモから受ける印象は大きく変わる。

 日経がこの部分を切って報道したのは、はじめから「昭和天皇がA級戦犯合祀に反対していた」という設定が出来上がっていたからだろう。こうしてみれば、このメモの私が100%昭和天皇であるとは断言できなくなってくる。

 では、この発言者は誰なのか。それはメモを読んでみればわかる。ちなみに「藤尾(文相)の発言」とあることから藤尾正行発言説を主張する人々もいる。enjoy koreaに当該記事がある。断っておくが自分は藤尾発言説は採るものではない。

 このメモは字の調子からして、誰かに富田長官が聞き取る形でその場でメモしたものだ。それが4月28日だったのだろう。昭和天皇の記者会見はこの日の3日前、4月25日に御誕生日を前にしての記者会見が行われているが、もしこの会見の時にメモの御発言があれば大変な騒ぎになっていたはずだから違う。

 「私あれ以来参拝していない」とあるが、まずこれは「あれ以来」がいつを指すのか不明確だ。昭和天皇が靖国神社に御親拝になられたのは昭和50年であり、いわゆる「A級戦犯」の合祀は、それから3年後の昭和53年である。そして、この合祀から10年が経過した昭和63年の発言としては辻褄があわない。

 さらに「参拝」と書いているが、天皇陛下が神社に参られるのは「親拝」というのだ。宮内庁長官がそんなことも知らないはずはない。ならば、この「私」とは天皇陛下ではない可能性がかなり高い。

 また「余り閣僚も知らず」とあるが、これは天皇陛下ならばありえないことだ。なぜなら閣僚や大臣を宮中で任命されるのは天皇陛下に他ならず、特に昭和天皇は戦前から大臣閣僚の人柄についてはよく御存じであった。それは様々な逸話にもあらわれている。故にますます昭和天皇の可能性は薄れる。

 そこで、次の文を読んでいただきたい。
松岡洋右さんのように軍人でもなく病死した人も合祀するのはおかしい
筑波さんのように、慎重な扱いをしておくべきだったと思いますね

 富田メモと酷似しているどころか、ほぼ同一の論理構成になっている。これは昭和天皇の侍従長であった徳川義寛が取材に対して答えたものだ。天皇A級戦犯発言報道に関する簡易まとめサイトから引用した。富田メモの「私」が徳川であるならば、閣僚に詳しくなくて、神社に「参拝」するのも、靖国神社に対する考えも全て説明がつく。

 これらの事に関しては、以下のサイトが詳細なので参照されたい。
日経新聞富田メモにまつわる疑惑まとめサイト
天皇A級戦犯発言報道に関する簡易まとめサイト
Let's Blow!毒吐き@てっく
草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
極右評論

 とにかく、このような真贋のほどが定かでないものを「昭和天皇の発言」と報じる日経はジャーナリズムではなく、中共のプロパガンダと同じだ。日経の諸君らは富田メモの公開を拒んでいると聞くが、それは科学的・詳細に検証されたら何か困る事でもあるのか?
f0018981_052970.jpg

杉田社長以下、今回の記事を書いた記者よ。諸君らが皆死んだ後に上の写真に「昭和天皇メモを誤報したことを謝罪する日経幹部達」とキャプションをつけられて教科書にのっても文句言えないぞ!早急にメモを徹底的に再検証し結果を国民に報告せよ!

文責:日経追及班

日経のプロパガンダ的手法糾弾のクリックを!!!
[PR]
by shikisima594 | 2006-07-25 00:11 | 随想・雑記
<< AERA小林よしのり発言について 日経の闇を突く! 第一弾 杉田... >>