新年一般参賀
f0018981_15275946.jpg


 新年を迎えた正月二日、皇居で毎年恒例の一般参賀があり、参列してきました。うっすらと日が射す薄曇りの天気でしたが、皇居の東庭には新春の喜びを抱く人々が、日の丸の小旗をもってあふれた。皇族方のお出ましにあわせ、聖寿万歳を奉唱し、東庭には振られる日の丸の小旗で大きな波ができたかのようでした。

 天皇陛下から「新しい年を共に祝うことを嬉しく思います。年頭にあたり、国民の幸せと世界の平安を祈ります」との、お言葉がありました。

 それから北の丸公園を通り、靖国神社に初詣に行きました。皇居の一般参賀に参加した人の多くもその足で、そのまま靖国神社に参ったようで、境内には大勢の参拝客がおり、露店も出ていました。

f0018981_15281461.jpg


 皇国史観研究会の一年間とは、実に新年の一般参賀で天皇陛下万歳を奉唱してはじまり、十二月の天長節で同じく天皇陛下万歳を奉唱して終わる一年ですが、この始点と終点に私たちの信念も抱負もあるものと思い、今年一年も活動に精進して参りたく思います。

応援のクリックをお願いします!
[PR]
by shikisima594 | 2007-01-03 15:54 | 活動報告
<< 度量衡を正せよ ANNVM NOVVM FAV... >>