「ほっ」と。キャンペーン
『THEMIS』に紹介されました
f0018981_1814791.jpg
月刊『THEMIS』に紹介されました

 会員制月刊情報誌『THEMIS』で皇国史観研究会が紹介されました。記事は「杉田日本経済新聞社長の『情実人事』に社員の怒り爆発」という巻頭の特集記事で、以下のように紹介していただきました。

「最近、国士舘大学を中心とした大学生らが『皇国史観研究会』を結成した。彼らは杉田氏の売国奴的媚中外交に我慢ならず、ホームページ『日経の闇をつく』を立ち上げた。その中で横浜国大広報誌のインタビューを取り上げ、『杉田社長のルーツは共産主義シンパに近い』と断罪している。」

 他にも記事中にて、去年の七月二十日の「富田メモ」報道から追及して来た「日経の闇を突く!」についてご紹介をいただきながらも、あの「富田メモ」報道の背後に蠢いていた日経の杉田亮毅社長の実態を社員の証言と共に暴いています。恣意的な人事、異様なまでの媚中態度、無責任で不透明な経営など、やはり杉田社長は思いのほかヒドい社長のようです。

 蛇足ですが、記事中に「最近、国士舘大学を中心とした大学生らが『皇国史観研究会』を結成した。」とありますが、皇国史観研究会は正確には、今から二十四年前の昭和五十八年四月一日に国士舘大学の学生と教職員らが結成したものです。

 『THEMIS』は会員制情報誌ですので、自分も知人から言われるまで知りませんでしたが、お申し込むことや、大きな図書館などでご覧いただけますので、機会がある方は是非ともご一読ください。

______________________________________
第48回靖国神社清掃奉仕のお知らせ

日時:2月25日(日)午前8時45分に参集所前集合
作業は9時から12時まで、昇殿参拝後ご奉仕します。

参加費:成人1500円、家族同伴者・大学生1000円、高校生無料(写真代含む)

 雨天でも昇殿参拝は行います。服装は動きやすい普段着です。軍手は各自で持参してください。ほうきで境内を掃きます。

参加申し込みは靖国神社清掃奉仕有志の会まで、お願いします。
______________________________________
硫黄島へ遺骨収集に

f0018981_18574054.jpg


 皇国史観研究会有志が今月下旬より三月まで、あの硫黄島に遺骨収集に参加してきます。皇国史観研究会では、二年前に同様に硫黄島、四年前にはミャンマー(旧ビルマ)へ有志会員が遺骨収集に行き、少なからぬ戦没者の御遺骨を日本本土へお連れしてまいりました。

 硫黄島の激戦は『硫黄島からの手紙』などで多くの日本人の知るところとなりましたが、いまだに多くの御遺骨が島内に眠っております。今回も、祖国を守るために戦われた方々の御遺骨を一柱でも多く内地にお連れしたいと思います。

 遺骨収集のご報告は、参加会員の帰還次第、みなさまにこちらでお伝えしたいと思いますので、どうかご期待ください。

応援のクリックをお願いします!
[PR]
by shikisima594 | 2007-02-20 19:00 | 告知
<< 朝鮮カルト、勧誘の実態 その2 朝鮮カルト、勧誘の実態 その1 >>