昭和の日、武蔵野御陵参拝
f0018981_2153208.jpg


 ゴールデンウィーク二日目の四月二十九日。昭和天皇の御誕生日であったこの日、先帝陛下の御遺徳を偲んで、東京都八王子市にある武蔵野御陵に参拝して来ました。

 抜けるほど青い快晴にめぐまれた下で、境内の玉砂利と繁った木立が実に清々しく、老若男女様々な参拝客であふれており、崩御より約二十年を経てもなお深き、亡き先帝陛下の御遺徳に今一度思いをいたした次第です。

 思えば、昭和天皇ほど激動の重き時代を一身に背負われた方は、いらっしゃらなかったのではないでしょうか。それは御生涯中に詠まれた御製より、多々拝察申し上げる事ができます。

 また、今年から、永年の心ある日本人の悲願であった「昭和の日」が制定され、初めての昭和の日を迎え、国史上未曾有の激動の時代であった昭和を心に留め、新しい時代をつくっていく事を御陵にお誓い申し上げました

応援のクリックをお願いします
[PR]
by shikisima594 | 2007-04-30 22:13 | 活動報告
<< 誰が為に長崎市長  勉強会 台湾について >>