2月22日は竹島の日
f0018981_23194957.jpg


島根県の沖にある竹島は、歴史的にも我が国固有の島です。明治三十八年に島根県知事が所属書簡を明らかにし、ながく国際紛争にさらされる事もなく、日本の島でありつづけましたが、日本が大東亜戦争に敗戦し、それまで統治していた朝鮮が独立して、李承晩大統領が勝手に竹島を韓国の領土と主張しはじめた。

最近では漫画から伝統文化までパクることで世界的に有名な韓国だが、この“竹島窃盗”はそれらの先駆けであった。その後、日本政府が毅然とした対応を取らないのをいいことに、韓国側は竹島に軍隊を駐留させ、ヘリポートなどを建設し、最近では観光客を入れたりとやりたい放題。

そんな中で、竹島を管轄する島根県議会は平成十七年三月十六日に、「竹島の日」を制定した。条例の第一条では、「県民、市町村及び県が一体となって、竹島の領土権の早期確立を目指した運動を推進し、竹島問題についての国民世論の啓発を図るため、竹島の日を定める。」としている。

しかしながら、竹島は我が国固有の領土であり、この文言は本来ならば「国民が一体となり…」と始まらなければならない。むろん、島根県議会の「竹島の日」制定は、弱腰政府に対し、確固とした姿勢を示したものであり、大いに支持するところである。

しかし、今の段階では、「竹島の日」はあくまでも、島根県の条例でしかないのであり、我々国民は、「竹島の日」を国会で決議させ、国民一丸となった領土奪還=国家主権回復運動を巻き起こしていかなければならない。

竹島は日本固有の領土である!

かえれ!竹島
県土・竹島を守る会
フォトしまね
[PR]
by shikisima594 | 2006-02-22 23:39 | 告知
<< 親米派に対して申し上げる 『大逆のゲリラ』 >>