ラストサムライと国士舘
トム・クルーズ主演の映画「ラストサムライ」が公開されたのが二年前である。
この映画は、明治維新後の日本に、新政府軍兵士の教育のためにやってきたアメリカ人の大尉が、近代化を目指す新政府に反旗を翻した誇り高きサムライたちと交流し、彼らと共に戦う映画である。

詳細な設定などについては、いくつも指摘・批判がなされたが、それらを踏まえても、僕は断然良い映画であると思う。日本は元より、制作元のアメリカでも評判だったらしい。
当時の新聞や雑誌などには「ラストサムライ」に関する多くの記事が書かれた。その記事の中で、アメリカに行って、映画を見たアメリカ人たちに取材した記事が載っていた。
それによると、「息子を是非、日本に留学させてサムライの心を学ばせてきたい」「娘を映画に登場した日本女性のように育てたい」など、日本人にとっては、くすぐったいぐらいの評価である。

しかし、今の日本に彼らの息子や娘を留学させても、サムライにさせることも、大和撫子にさせることも出来無いのではないか。何故ならば、今の日本人自身がサムライではないし、むしろ教育を行う場所が、そうした精神を否定してしまっているからだ。

サムライが居て、そうした教育を行っている、とアメリカ人が思った日本には何もない。そうした現状を我々日本人が、世界の中で一番良く知っている。
実は僕にも、前述のアメリカ人のように、とあるものに憧れて、行ってみたら、噂とは全く違っていたという経験がある。

外でもない、国士の学び舎と言われる我が母校・国士舘大学である。本や知人たちの噂では、まさに国士が集う場所であり、国士を育成する場所であるかと思った。
しかし、いざ入学してみると、この皇国史観研究会があるのみで、あとは全く普通の渋谷の住人のような学生と支那・朝鮮の留学生がウヨウヨしており、教壇では反日左翼教師すらも教鞭を執り、学校側は事なかれ主義と営利至上主義にまみれているという現状であった。北京とソウルとモスクワと渋谷を鍋に放り込んだような最悪のカオスを想像していただければいいだろう。

むろん、先輩や職員の方々の中には、まさに国士と呼ぶべき方々は大勢おられ、国士舘らしさを感じさせる学校行事はいくつかあったが、それでも期待と現実との差にガッカリしたものである。サムライの国として憧れる日本、国士の学び舎として一目置かれる国士舘、しかしその認識と現実の違いを、僕は肌身に感じている。このサムライ=国士が不在の構造こそが、戦後体制の一つの現れではないだろうか。

我々がしなければならない事とは、こうした周囲の認識と現実との溝を埋める作業、すなわち国士舘を国士舘たらしめる事であり、ひいては日本全国に国士を広め、誇り高き国、サムライの守る国、 天皇国日本の真姿を顕現することにある。
その日本の真姿顕現闘争の最前線に我々は立ちたい。そうした意味で言えば、「ラストサムライ」を乗り越えて、「永遠のサムライ」をつくり続ける運動が求められている。

皇国史観研究会代表 タカユキ
[PR]
# by shikisima594 | 2005-12-14 13:32 | 随想・雑記
天長節!
f0018981_0474121.jpg


↑は昨日、国士舘大学校内に貼り出した天長節奉祝を呼びかける我々のビラである。
以下に内容を転載する。

「奉祝・天長節!!」
12月23日天皇陛下御誕生日
国士舘生は皇居に集合しよう!
日時:12月23日10時までに
場所:東京メトロ千代田線二重橋駅前六番出口に集合
問合せ:shikisima594@excite.co.jp
皇国史観研究会

ちなみに、 天皇陛下のお出ましは、宮内庁発表によると、
第1回 10:20頃
第2回 11:05頃
第3回 11:40頃

世間では浅薄な商業主義に煽動された者達が、「クリスマス」などと浮かれ騒いでいるが、我が国の 天皇陛下の御誕生日を祝わずに、キリスト教の開祖であるイエス・キリストの誕生日を祝うなど、滑稽を通り越して呆れてしまう。
そもそも、おまえはキリスト教徒なのかと、キリスト教の教義を知っているのかと小一時間問いつめてやりたいものである。イルミネーションが灯り、赤い服を着たヒゲが徘徊する神州日本の冬の風物詩にしてはならない!
日本人であるならば、「メリークリスマス」ではなく、断じて「 天皇陛下万歳!」である。12月23日は皇居に集合しよう!

f0018981_116976.jpg

            (去年の天長節の模様)
[PR]
# by shikisima594 | 2005-12-14 01:18 | 告知
制裁発動で拉致被害者救出を!国民大集会
◆日時:12月22日(木)午後6時半〜8時半 5時半開場(先着順)
◆場所: 日比谷公会堂
◆司会
櫻井よしこ・ジャーナリスト
◆登壇予定者
 横田滋・早紀江代表夫妻等家族会10名余
 佐藤勝巳救う会会長他全国幹事
 平沼赳夫拉致議連会長等
 特定失踪者家族・特定失踪者問題調査会役員
 韓国・拉致被害者家族
 安明進・元北朝鮮工作員他
 タイ国のスカム・パンジョイさん(アノチャ・パンジョイさんの兄)来日予定
◆会場案内
千代田区日比谷公園1−3
地下鉄霞ヶ関駅B3出口、内幸町駅A7出口、日比谷駅A14出口より各徒歩3分
◆参加費 無料(会場カンパ歓迎)
◆主催
家族会・救う会全国協議会・拉致議連
◆連絡先 〒112-0033東京都文京区音羽1-17-11-905
電話03-3946-5780 FAX03-3946-5784 
info@sukuukai.jp
http://www.sukuukai.jp/

我が国政府が経済制裁発動を予告してから24日で満1年となる。
しかし、いまだ政府には経済制裁を発動し、拉致被害者全員を救出しようする姿勢は見られない。我々は一人の国民として、この事に強い憤りを感じざるを得ない。
例えば北方領土や竹島ならば、極端にいえば何百年たとうが島が存在し続ける限り、取り返すことが出来る。

しかし、拉致被害者とその家族の方々は、当然ながら我々と同じ人間であり、既に拉致されてから約30年の歳月が流れた。当時二十歳で拉致された青年は五十歳のおじさんになっている。そして、政府が及び腰を続け、政治家が拉致問題を選挙の駒として弄んでいるうちに、拉致被害者とご家族の方々は次々に天命を終えられてしまう。
こんなことが許されていいのか!
国民の命を本気で守ろうとしない政府・政治家!
そして同胞の不在を気にも留めない国民!

平成14年9月17日に金正日が拉致を認めてから3年がたった。
先日、拉致被害者家族の横田滋氏が過労で検査入院された。僕は今年一年だけで、何度も何度も横田氏をお見かけした。ある時は炎天下の国会議事堂裏の座り込みで、ある時は寒風の吹きすさぶ街で、拉致被害者家族の方々は毎日のように日本を飛び回り、救出を訴えておられる。
これ以上、拉致被害者とその家族に苦労をかけさせていいのか!
是非とも12月22日は、日比谷に集結し、金正日と日本政府に怒りの声を叩きつけよう!
[PR]
# by shikisima594 | 2005-12-13 19:59 | 告知
12月9日、定例勉強会
12月9日、皇国史観研究会の平成17年最後となった勉強会が開催された。新進気鋭の一年生が「ファシズムと全体主義」と題して発表を行い、それらの違いを明確に説明した上で、全体主義の是非と、自由の内実に関して活発な議論が行われた。

以下が、会員の発表要旨

「ファシズムとは、イタリア語でファッショで束ねる、結束という意味を持つ言葉から来ている。故にファシストとは結束した同盟者というのが元来の意味である。
一般的には過剰な民族主義による抑圧的な政治体制を指し、一説には全体主義と同意義のように扱われる。ファシズムに共通な特徴は、討議による民主主義的体制を放棄し、同質的・均質的な社会を構築しようとした思想体制である。
また、個人よりも国家・民族に重点を置き、国家主義、民族主義、社会主義、福祉主義などの傾向が挙げられる。
これに対し、全体主義とは民主主義や共和主義などと同じような政体の一種である。全体主義は政治・経済・文化・思想などが全て国家に吸収されており、国民を国家が作り出したイデオロギーに服従させ、煽動する事を第一の定義とする。この全体主義の対義語が自由主義であるが、全体主義の定義からすれば、自由主義を標榜しているアメリカは全体主義国家になるのではないだろうか。
ファシズムには民族という基本原理が存在するのに、全体主義には民族という基本原理が存在しないのである!
もし、日本のような連綿とした国家と民族の歴史を有する共同体が、民族を前提としてファシズム体制の政体を作ったとしても、理論上では、何も日本民族にとって不都合は無いのではないだろうか。
しかし、実際は内乱や紛争が生じる混沌の事態になることが予想される。」

その後、討議に移り、全体主義と自由主義の内実について議論が行われた。
「自由とは目に見えている範囲での選択が出来ることではないか」
「先進国に於ける最大の自由を獲得する条件とは時間と金ではないか」
「そもそも全体主義と自由主義を区別する必要はあるのか」など。
白熱の議論が行われ、冬の夜は深まっていった。

自由ってなんでしょうね?
[PR]
# by shikisima594 | 2005-12-13 19:32 | 活動報告
12月2日、定例勉強会
f0018981_22132.jpg12月2日、皇国史観研究会の定例勉強会が国士舘大学鶴川校舎で開催された。
議題は「国際連合での日本のあり方と分担金問題」で、政経学部二年生の会員の問題提起に対して、日本の国際関係をめぐる活発な議論が行われた。

現在、日本は莫大な国連分担金を負担しているにも関わらず、国連憲章には、日本やドイツなどの第二次世界大戦時における枢軸国側を敵国とする敵国条項があり、更には、安全保障理事会の常任理事国入りも実現できていない。こうした背景には世界のゴロツキ国家(常任理事国の米・中共・露など)の策略が存在する。

そして、そのような常任理事国のほとんどは国連の分担金を滞納しまくっている。
これでは日本が単なる「パシリ」であるとして、会員達は怠慢日本政府と国連に群がるハイエナ列強国に対して怒りの声を上げた。

日本は、このような道理の通らない国連に対して、分担金の大幅な引き下げか、脱退も辞さない姿勢を打ち出す事が求められる。そして、日本国内においては、堂々たる外交を展開するためにも、自主憲法の即時制定と、怠慢政府と堕落外務省の大改造が必要である。
f0018981_2222351.jpg

[PR]
# by shikisima594 | 2005-12-13 18:41 | 活動報告
12月8日大東亜戦争開戦記念日
f0018981_13313531.jpg


今から64年前の12月8日、日本軍の真珠湾攻撃によって大東亜戦争の火蓋が切って落とされた。この大東亜戦争の意義について、タイのククリット・プラモード元首相は、戦後、現地のサイヤム・ラット紙に次のように語っている。


日本のおかげでアジア諸国はすべて独立した。
日本というお母さんは、難産して母体を損なったが
生まれた子供はすくすくと育っている。

今日、東南アジアの諸国民が、米英と対等に話しが出来るのは、
いったい誰のおかげであるのか。
それは身を殺して仁をなした日本というお母さんがあったためである。

12月8日は、われわれにこの重大な思想を示してくれたお母さんが、
一身を賭して重大な決心をされた日である。
我々はこの日を、忘れてはならない。


まさに大東亜戦争とは、日本が自存自衛と、アジア解放の為に決然と立ち上がった戦争であり、世界の歴史に燦然と輝く偉大なものである。
ややもすれば、今の人間は、勝った戦争に正当な開戦理由があり、負けた戦争には邪な動機しかなかったかのように思いがちだが、大東亜戦争の目的であったアジア解放は、日本の敗戦後、アジア諸国が欧米列強から独立したことによって見事に達成された。
それまでは絶対に勝てないと思っていた白人を、開戦と同時に日本がアジアから叩き出したことに触発されたのだ。
この、先人たちが戦った大東亜戦争と、その開戦記念日を我々は忘れてはならないし、誇らねばならない。

この大東亜戦争開戦から64年後の12月8日、我々皇国史観研究会の有志会員は靖国神社に参拝し、英霊に感謝の誠を捧げ、大東亜戦争を戦った先人たちの精神を胸に、微力ながらも日本の発展に邁進することをお誓い申し上げた。
[PR]
# by shikisima594 | 2005-12-13 13:49 | 活動報告
ブログ開設!
この度、皇国史観研究会は、ここに見ての通り、ブログを開設いたしました。
またしても、会員の巻き込み確認をしない、代表である僕の独断によるものでありますが(笑)
会員のみんなにはこぞって記事を書いて頂きたいと思います!

今後は皇国史観研究会の活動の予告と報告、会員の随想、時局問題に対する思い、読書録などを随時掲載して、盛り上げて行くつもりです。

そもそも、現代日本の情勢に鑑みるに、私達のような憂国の思いを抱く学生が、黙って無為無策の日々を送る猶予は、一刻たりとも存在しえないのであります!
今こそ、私達は声を挙げ、がむしゃらに日本の事を考え、行動を起こさねばなりません。

そうした意味で、このブログが、会員みんなの思いを発揮できる一つ場になり、これをご覧になる方々との架け橋になれば、これに勝る喜びは御座いません。

それでは、今後とも皇国史観研究会を宜しくお願い申し上げます。

正式な投稿の日付が皇紀にならない事を恨みつつ記す。
2665年12月12日

皇国史観研究会代表 タカユキ
[PR]
# by shikisima594 | 2005-12-12 17:09 | 告知